スポンサーサイト

-------- -- : スポンサー広告 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚バラ肉の赤ワイン煮

2011-10-30 Sun : 手抜きレシピ 
なんか唐突に赤ワインで煮た肉が食べたい!と思ったので、 一口サイズに切られてる豚バラと赤ワインを買ってきたのですよ。 で、ネットでレシピ調べてさっそくやってみることに。
タマネギの薄切りを飴色に炒めたところに、小分けしめじとトマトの水煮缶投入。 煮立ってきたら豚バラ入れて表面の色変わったら赤ワイン入れて、顆粒のコンソメと塩胡椒、ベイリーフ入れて煮込む。 水減って焦げ付きそうになったらそのたびトマトジュースか赤ワイン足して2時間。
うん、おいしい!ついでに粉ふきいもも作って一緒に食べてみたらいい感じ ……ん、これどっかで食べたことあるような……? コレか!コレの牛肉を豚バラ肉に変えただけか!! しかもそこそこ大きな肉使ったので煮込み時間が無駄に長かったという。
まあねえ、家庭料理は作る時間も楽しみのひとつだけどねえ、薄切りとか切り落としの牛でも豚でも使えば、 全行程30分もあれば完成するよねえ。まあ時間掛けて煮込んだ豚バラ肉はとろとろで美味しいけどねえ。
ちなみに今回使った赤ワインは1000円未満の国産で、すっごく軽くてやや甘口くらいの。 残った分はグリューワインにでもしようと思ってるのだ。こっちも一番手抜きのレシピで、 赤ワインに砂糖か蜂蜜、そこにシナモンとあればクローブ(あんまり家にないのよねえ)入れて軽くレンチン。 しょうがも入れたら風邪のひきはじめによさそう。これはあんまり熱々にしない方がいいらしい。 あと、渋いワインはより渋くなるらしいので注意。いいワインも味が落ちるのでお勧めできない、らしいですよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。